about

当社では、原材料の仕入前から消費者のお手元に届くまで各工程の当社独自のチェック体制、隣接する生産設備のクロス・コンタミネーション(交叉汚染)を防ぐ取り組みとしてワンルーム・ワンマシーン体制、原材料調達から消費や廃棄まで調査可能なトレーサビリティの構築など、万全の品質管理体制を実現しています。そして、これらを維持・向上させる為、社員教育及び、社内での自主監査に力を入れると同時に、外部監査も積極的に受け入れるなど、どこにも負けない「安全」で「高品質」な製品づくりを目指しています。

【品 質】
◆どこにも負けない「安全」で「高品質」な製品づくりを目指して、
全工程で万全の品質管理体制を実現しています。

当社では、原材料の仕入前から消費者のお手元に届くまで各工程の当社独自のチェック体制、隣接する生産設備のクロス・コンタミネーション(交叉汚染)を防ぐ取り組みとしてワンルーム・ワンマシーン体制、原材料調達から消費や廃棄まで調査可能なトレーサビリティの構築など、万全の品質管理体制を実現しています。そして、これらを維持・向上させる為、社員教育及び、社内での自主監査に力を入れると同時に、外部監査も積極的に受け入れるなど、どこにも負けない「安全」で「高品質」な製品づくりを目指しています。


【認 証】
◆世界水準の食品安全システムと、品質基準の認証を取得しています。

〈NSF-GMP〉
NSF-GMPは、米国における栄養補助食品の認証機関であるNSFインターナショナルが承認するGMPです。NSF-GMPを取得すると、米国の法律である食品安全強化法(FSMA)とcGMP(current GMP)の内容を含む同機関の要求事項への適合性が認められます。

cGMPは、アメリカの政府機関である食品医薬品局(FDA)が定めた食品品質の基準です。cGMPではすべての原料について同一性確認試験が義務付けられるなど、国内GMPよりも高度な管理基準が求められます。


〈日本健康食品規格協会(JIHFS)GMP〉
日本健康食品規格協会(JIHFS)によるGMP(Good Manufacturing Practice)認証です。

GMPとは、原料の受け入れから製造、最終製品の出荷に至るまでの全工程において、製品が「安全」に作られ、「一定の品質」が保たれるために必要な製造工程管理基準のことです。適切な管理組織の構築及び作業管理(品質管理、製造管理)の実施(GMPソフト)と、適切な構造設備の構築(GMPハード)により、製品の品質と安全性の確保を図ることが求められています。